2016年4月20日

iPhone/iPad⇔PC間の動画転送・保存に便利な「FonePaw iOS転送」&もしもの場合の「FonePaw iPhoneデータ復元」

iOSデバイス(iPhoneやiPadなど)とWindows PCの間で動画を転送する場合、標準的な方法ではiTunesとエクスプローラーを使うことになります。
ただし、ファイル形式などの分かりにくい部分があったり、手順に煩雑な面があることは否めません。

オンラインストレージやYouTubeなどを活用する手もありますが、動画は1ファイルあたりの容量が写真や音楽に比べて大きいため、通信環境やサービス側の状態によっては、速度の遅さや通信量の肥大がネックになる場合があります。

そこで「FonePaw iOS転送」というソフトを使うと、iOSデバイスとPCを直接ケーブルで接続する形で、しかも標準の方法より分かりやすい手順で動画を転送できるようになります。
Apple純正のソフトウェアではありませんが、実際に試用してみると、純正でないからこその利点もあるように感じました。

というわけで今回は「FonePaw iOS転送」を使った動画転送の詳しい手順を解説しつつ、万が一の場合に備えて、iOSデバイスのトラブルの際にデータを救出するための製品も併せて紹介してみたいと思います。

※本記事はFonePaw社からのレビュー依頼に基づいて執筆しています。

今回の内容もくじ

  • 「FonePaw iOS転送」の入手と起動
  • iOSデバイスのカメラで撮った動画をPCに保存するには
  • PCからiOSデバイスに動画を転送するには
  • 「FonePaw iOS転送」その他の機能と魅力
  • 紛失したiOSデバイスの動画も取り戻せる!?「FonePaw iPhoneデータ復元」とは
  • さいごに

2016年4月6日

スタート画面に「ドキュメント」を表示する ~Windows 10、あの設定はどこ?(1)

Windows 7から10にアップグレードした方の多くは、スタート画面(スタートメニュー)から「ドキュメント」などのフォルダーを開くことに慣れているのではないかと思います。

10のスタート画面には、標準の状態では「エクスプローラー」が表示されています。エクスプローラーを開いて、そこから「ドキュメント」を開いて……と操作が1クリック分増えたことで、小さなストレスを感じてはいないでしょうか?

そこで、Windows 10のスタート画面に「ドキュメント」等のフォルダーを表示する設定を紹介します。

win10_c1-1