2016年6月15日

【iTunes不要の】iPadへPDFを転送する方法 (1) iCloud Drive編

iPadやiPhoneなどのiOSデバイスで、PDFファイルを取り込み・閲覧するスマートな方法を2回に分けて模索します。

PCからiPadにファイルを送る標準的な手段といえばiTunesを使った同期ですが、iTunesの起動や同期処理の重さ、それに手順の煩雑さが多少のネックになります(Windowsでは特に)。
そこで今回は、iTunesを使わずにクラウドやiOSアプリを活用して、より少ない手数での転送を目指します。

iOS標準のクラウドサービスであるiCloudには、様々なファイルを保管できるオンラインストレージ「iCloud Drive」が含まれます。
まずはこのiCloud Driveを使って、PCに保存しているPDFファイルをiPadで開いてみましょう。

iPadの準備

「設定」→「iCloud」→「iCloud Drive」の順に進み、「iCloud Drive」と「ホーム画面に表示」をオンにしておきます。

PCからiCloud Driveへのアップロード

PCからはWebブラウザーでiCloud.comにアクセスし、iPad側と同じApple IDでサインイン後「iCloud Drive」のアイコンをクリック。

iCloudcom_iCloudDrive

iCloud Driveのページが表示されるので、iPadで開きたいファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードします。

フォルダ丸ごとのアップロードはできないようです。
iCloud Drive上にフォルダを作りたい場合は、ページ内の新規フォルダボタンをクリックしてフォルダ名を入力します。

iPadからiCloud Driveにアクセスする

アップロードが済んだら、iPadのiCloud Driveアプリを開きます。

先ほどアップロードしたファイルが表示されます。タップして開きます。

iCloudDrive_iOS2

PDFファイルはiOS標準のシンプルなビューアーで表示されます。

これで十分? 物足りない?

以上のように、iCloud Driveを使ったPDF表示の手順はとても簡単です。
Wi-Fi圏内でのごく簡易的な用途であれば、この方法で十分かなと思います。

一方で、以下のような使い方をしたい場合は別の手段(アプリ)が必要になります。

  • Wi-Fiやモバイル回線につながらない場所でも開きたい(本体のストレージに保存したい)
  • PDFビューアーにもっと機能が欲しい(注釈やブックマーク、シークバーなど)

そこで筆者がおすすめしたいのは「Documents」というファイル閲覧・管理用のアプリです。
無料ながらとても多機能で、いま挙げた機能は全部入り。ファイルの取り込み方法も複数用意されています。

筆者は主にこの「Documents」を使って、オンラインストレージからPDFファイルをダウンロードし保存・閲覧しています。

次回へつづく)

【→ iOS連携シリーズまとめ】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...