(Windows XPユーザーのための)Webブラウザー乗り換えのススメ

《最終改訂日: 2016/2/18 「各WebブラウザーのWindows XPサポート状況」を追記しました》

前回取り上げた、Internet Explorer 9(IE 9)を使えるWindowsは7とVistaのみ。
Windows XPでは残念ながら使うことができません。

(参考記事→IE9、Windows XPでは利用できず – ITmedia ニュース

しかし、WebブラウザーはInternet Explorerだけではありません。
XPでも最新のバージョンが使える他社製ブラウザーを導入すれば、新しい技術(処理の速さや新しい機能など)の恩恵をXPでも受けることができるんです!

今回は、XPで使えるWebブラウザーの中から代表的なものを2つご紹介します。

Google Chrome(グーグル クローム)

Googleが提供しているブラウザー、「Google Chrome」。
一時期流れていたテレビCMを見たことがある、という方もいらっしゃるかなと思います。

Google Chromeの特徴を一言で表すと、「シンプルで高速」
一見シンプルで合理的なデザインが特徴的です。
また、起動や読み込みの速さが最大のアピールポイント。
特に地図・Twitter・Facebookなどの処理が重いサイトでは、IEの古いバージョンとの違いが際立つはずです。

Google Chrome – ブラウザのダウンロード(公式サイト)
SS_Google Chrome

Mozilla Firefox(モジラ ファイヤーフォックス)

PCのベテランユーザーの方なら、かつて主流のブラウザだった「Netscape(ネットスケープ)」をご存知かもしれませんが、NetscapeのDNAを今日に受け継いでいるのが「Firefox」です。

ページ表示の速さはChromeに引けを取りません。
また、アドオン(さまざまな機能を追加する拡張機能)の充実度はナンバーワン。上級者の様々なニーズに応えるブラウザーでもあります。

次世代ブラウザ Firefox — 高速・安全・カスタマイズ自在な無料ブラウザ(公式サイト)
SS_FirefoxSite

共通の機能

ChromeとFirefoxには、こんな機能も備わっています。今回は簡単な紹介にとどめておきます。

  • テーマ(外見)の着せ替え
  • 他のPCやスマートフォン版とのブックマークの同期(PCでブックマークしたページをスマホから見るなど)
  • アドオン

なぜ「速さ」が違うの?

同じPCでも、使うブラウザーによって読み込みの速さが違うのはなぜでしょう?
正確な例えではないかもしれませんが……たとえば、算数の問題を公式を知らずに解くのと、公式を使って解くのでは答えが出るスピードが随分違いますよね。
最新のブラウザは、重いページを処理するための効率の良い解き方を古いブラウザーよりよく知っている、そんなイメージです。

筆者も去年まではXPのノートPCを使っていました。
Internet Explorer 8でGoogleマップを使うと動きが重くて不便でしたが、他のブラウザーなら十分快適に利用することができたんです。

流行りのFacebookやTwitterも、PC用のサイトは見た目のわりに重い作りになっています。
そろそろPCを買い換えたほうがいいかな……と感じた時、ネットに関しては、「ブラウザーを変えてみる」という選択肢があることをぜひ知っておいてくださいね。

各WebブラウザーのWindows XPサポート状況(2016年2月現在)

マイクロソフト社によるWindows XPの延長サポート(セキュリティアップデートの提供)は2014年4月をもって終了しました。そのため、現在はXPをネットに接続すること自体がマルウェア(ウイルス)感染の危険を伴う状況になっています。

Windows 7以降を導入することが望ましいのですが、もしそれが困難であれば、せめてアップデートが提供されなくなったInternet Explorer 8は一切使用せず、XP向けの提供が続けられているWebブラウザーを使用してください
現在はGoogle Chrome、Firefox、Operaがこれに該当します。
ただしGoogle Chromeは2016年4月をもってXPのサポートが打ち切られる予定ですので、残る2つのうちどちらかの使用をお勧めします。

【関連リンク集】
Chrome: 「Google Chrome」のWindows XP/Vistaサポートが終了。更新の提供は2016年4月まで – 窓の杜
Firefox: Firefoxのシステム要件(英語)
Opera: Windows XP/Vistaのサポートは「Opera 36」まで。セキュリティ修正の提供は継続 – 窓の杜

【PR】